日々のこと・お庭の草花のこと
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

湯呑



お気に入りの湯呑を並べてみました♪

 

右から、鈴木史子さん・及川静香さん・角掛政志さん・清野学さん
1つずつ、出会ったときに購入してきました。
ほとんどは、紫山のつむぎさんで出会っています。
このところ、日本の陶器に惹かれています。




今発売されているnidは、民芸品や暮らしの道具、器の特集です。
眺めてるだけで楽しめる内容ですよ〜


Mucha展へ

 
 
お互いの振替休日が平日に取れたので
主人と宮城県美術館で開かれているミュシャ展へ出かけてきました。



250点もの作品はどれも美しく、特に多く描かれている草花は
興味津々で観てきました。
平日の早い時間でしたが混みあっておりました。
観終わった頃には、1階のcafeもすでに待つ人の列が出来ていたので、
街中の韓国料理屋さんでスンドゥヴなどをいただき、
Cafe Mozartでお茶をして帰りました。満足満足♪
帰宅と同時に次男が帰宅してきて、
「平日なのに、なぜお父さんとお母さんが家にいるんだ??」
としきりに聞かれたのでした(^^;)


 

和箪笥など


お引っ越しに伴い、お蔵を整理中の方から
更に譲り受けたもの…。

古い桐の和箪笥をいただきました♪
柳行李や小箪笥、文庫入れなどなど。
行李、とても綺麗な状態なんです。
何を入れようかな〜

 

家具屋さんで少しきれいにしてもらおうと考えてます。



とりあえず、和室に運び入れました。
これから、どんなふうに使っていこうかと
ワクワクしながら思考中です。

他にも貴重なお道具、譲っていただいております。

和物


もう昨年のことになってしまいましたが…(汗
素敵なうつわを譲っていただきました。

 

古い柄物の器です。
山形で旅館をなさっていた方からいただきました。



「寿」が入っているのでお祝いのお料理に使われていたのでしょう。
お正月に我が家の食卓で使わせていただきました。



そしてもうひとつのいただきもの。蚊帳布のふきん。
染め具合の色も素敵なのですが、なんと言っても使い心地が良いのです〜^^

日本のものも、やっぱり魅力的!
丁寧なつくりに心が躍ります。



ポット

ようやく出逢えました〜
後藤さんのポット。

 

嬉しくって、コーヒー派の私ですが
紅茶や緑茶を淹れてます♪
お気に入りの器でお茶を飲むだけなのに
なんとも言えない至福時間をも味わってます〜


夏のハンギング


前回のUPから、なんと1ヶ月以上も経っておりました。
暑い夏になりました。
暑過ぎて、パソコンも壊れておりました。
そんな中、訪問してくださった皆さま、ありがとうございます。


 

7月に作っていただいた夏のハンギング。
今は陽射しが強すぎて、日陰においていますが
一か月を過ぎても綺麗な形を保ってくれています。
ベコニア類が素敵です♪

今週末でいろんなことがあった夏休みも終了です。
宿題が終わるか、なぜか私がドキドキです。
また少しずつ書き綴っていきたいと思います。


同郷


少しずつ、家族分のカップを集めてきました。

真ん中の関口さんのは、口当たりがとてもよく、形違いで求めてきました。
うつわ屋さんのオーナーさんから、「岩手の作家さんですよ。」と
教えてもらい、ますますファンに♪

形が可愛らしいのが気に入って、右端のを購入。
うちに帰って、作家さんのプロフィールを見たら、この方も岩手出身。



左:及川静香さん 中央:関口憲孝さん 右:角掛政志さん 


つい先日、左端のを手に持ちながら、他の商品も見つつ悩んでいたら、
オーナーさんが「今、手にしているのも岩手出身の作家さんですよ〜」と。

偶然なんですけどね、きっと…多分…。
でも、私の中の何かのアンテナに響いたのかも知れないな。

同郷の方々が丁寧なお仕事をされて、
美しく暖かい作品を作り続けている。
勝手なんですけど、なんか、誇らしいんです。


今年もお邪魔しました

 

今年もご近所のTさん邸にお邪魔してきました♪
毎日のようにたくさんの人が訪れていました。



通り道からでも、こんな景色が!
入ってみたくなりますよねぇ。



今年は特に花数が多いそう。
咲き始めのピエールもまだまだ蕾がいっぱい!



降ってきそうなくらいのバラたち。




庭の中に点在するご主人作の構造物も素晴らしいんです。
絵になる風景が多いのです。



バラだけではなく、草花や庭木、つる植物…どれも勢いが違う〜
いつも感動するのは、とにかく手入れが行き届いていること。
こんなにバラが咲いているのに、花がらや病んだ葉はほとんど見当たりません。
草花は種まきからされていますし、
肥料や消毒剤まで有機のものを使用されているようです。
なかなか出来ることではありませんよね…。
Tさんご夫妻のお庭に対する愛情をとてもとても感じます。
 

続きを読む >>
オルネフラワー展示会



日曜の夕方、出かけてきました。

 

「金属を巻く」という意味を持つオルネ。
金属とは思えないほどの柔らかな線の花々。
キラキラして美しいです。

先日、コサージュ用に一輪だけ、
このオルネの花を作らせてもらいましたが、
花びら一枚一枚を丁寧に作成していく作業は
なかなか根気が要ります。



M先生の作品。
カリグラフィーも先生の作品だと思います。
本当に多才です〜



オルネフラワー協会のサイトはこちら→☆


続きを読む >>
美しいお花と美しいお菓子と


原種のシクラメンですって。
可愛いというか可憐というか。



お花、どんなかな〜?って楽しみにしてたら、
今朝、咲いてました♪



なんて可愛いの。
来年、消えてしまわないようにしなくちゃね。 



パッケージが素敵すぎてあけられないほど。
でも、慎重に慎重に開封。
サクサクッ…と程よいAirが包まれたスコーンは
とっても美味しかった。

夕方、訪ねたイベント会場は、運良く
ほんのわずかな時間、1人だけの貸し切りになった。
アンティークに絵画に写真、植物…
あこがれの皆さんたちの作品。

あの空間の残像がしばらく尾を引いています。